【鍋】ご飯の美味しい炊き方

釜炊き三昧 炊き方
釜炊き三昧 洗米
 

 ヌカの臭みがお米に染み込んでしまう場合がありますので、特に1回目はたっぷりとお水をいれ、サッとかき混ぜて大急ぎで水を流してください。その後3〜4回きれいになるまで洗ってください。

釜炊き三昧 吸水
 

約1時間吸水してください。(吸水時間の目安はお米の表面が白っぽくなるまでです)

釜炊き三昧 水加減
 

 白米3合を炊く場合、水量目盛りの3を目安としてください。(お米の合数と目盛りをあわせてください。)少し多めにすると失敗が少なくなります。

釜炊き三昧 炊飯時間
 
メインイベントの炊飯です。ワクワクしてきますね。まずはこのワクワク感を十二分に堪能してください。その後は
1.強火で沸騰させる

約 5分(吹きこぼれ)
*ぐつぐつおいしそうな音を楽しんでください。

2.弱火で

約 8分
*おこげを作る場合はちょっと長めに。今度はおいしそうな匂いを楽しんでください。

3.強火で

約30秒
*最後の仕上げです。気を抜かずに・・

4.蒸らす

約13分
*早く食べたい気持ちは分かりますが、ここはグッと我慢してください。

〜ほっかほかごはんの出来上がり〜
上記時間は4合の場合。お米の量にあわせた時間が説明書にきちんと明記されているのでご安心ください。
 
*少しでも多くおこげをゲットする方法は、みんなの分のご飯を自分がよそってあげる事です。そうすれば炊飯ジャーでは味わうことの出来ない、お釜の底についたおこげをより多くゲットすることが出来るでしょう。ちょっとお醤油を垂らすとより一層風味が増しますよ。
釜炊き三昧 おかゆ
 

 これもまたおいしそうなメニューですね。あつあつのおかゆに天然の塩をふりかけ、大き目の梅干を置けば出来上がり〜。
 本題の作り方ですが、お米から炊く場合、「洗米」「吸水」「炊飯時間」は白米と同じです。ポイントはもうお分かりのように「水の量」です。これを増やしてください。米1合の場合、水目盛り2が目安です。あとは何回か試してあなた好みの「おかゆライン」を作ってください。

 

*このコンテンツの作成にあたり・・・

 お米が大好きな私にとって、このページはとても楽しく作ることが出来ました。この様な商品を今後も増やしていきたいと思います。
 このお釜を紹介していただいたウルシヤマ金属工業株式会社営業部の橋本さん、本当にありがとうございました。私以上に祖母はうれしかったようで、なつかしそうに見ていました。
本当にありがとうございます。ちなみにウルシヤマ金属工業さんは、もともとお釜メーカーです。業務用で作るでっかいお釜を作っているそうです。そのノウハウがこの「釜炊き三昧」にも生かされています。どうりでおいしく炊けるわけですね。  納得!